SSブログ
前の10件 | -

DCS100の電圧調整とコンデンサ交換 [DCC]

当方が運転会で使用するポイントデコーダは、主にKATOのDCS51Kを使っていましたが、ワンコインデコーダ6になってポイントデコーダも改善されたようなのでNuckyさんワンコインデコーダ6を採用することとして基板組み上げていました。
onecoin6_04.jpg
そこでNuckyさんのブログの記事にあるように、読み込みタイミングの問題を確認するのに運転会で使用しているDCS100を使ってテストしました。
DCS100_01.jpg
動作はばっちりです。KATOの4番ポイントの並列(双動)も可能です。

本題はここからです。
NuckyさんのBlogにも記載いただきましたが、出力電圧が低いことに気づきました。
DCS100は入力はDC28vAC22Vまで可能なので19vのACアダプタは問題なく
写真にあるスケールのスイッチを切り替えることで電圧を変えることができます。
DCS100_10.jpg
マニュアルにはスイッチで最高電圧の切替が出来て、Nが12v,HOが15v,O/Gが20vとなっていますが、ブログに記載あるように結果がN位置で10.9vでは動作不安定、HOで12.8v O/Gで13.1vであることです。
ここでまずきづいたのが、ACアダプタはノートPC用のスイッチング電源を使用していますが、同じ型のACアダプタでも製造メーカが違うと電圧も違うことが判って電圧計ったら16Vまでしか出でいませんでしたので、まずは、19VのACアダプタに交換。
それでも、Nのスケールで11.5Vと12Vを切ってしまうので何か怪しいと思って分解しました。
DCS100_02.jpg
蓋開けてコンデンサを見るとなぜか左のコンデンサの方が同じものなのに背が高い?ので怪しいと思って同じ径で容量のコンデンサをRSから調達しました。
DCS100_03.jpg
径は同じですが、高さが違います。高さまで気にせずに買ってしまったのですが、交換前のコンデンサは85℃で、今回購入したのは105℃品です。

ちなみに背面放熱板の間にFETがいくつか挟まっているのですが、出力波形は良さそうなので今回は、触れないでおきます。
DCS100_04.jpg

ここのコンデンサを取るのにハンダ吸い取り線でハンダ吸い取って綺麗に取ろうと思ったのですが、思ったようにきれいに取れないので力を入れて引っ張って取りました。
あとの写真で出てきますが、強引に引っ張って抜き取るやり方はお勧めできません。

DCS100_05.jpg
回路的にはすごいことになっています。入力の端子からダイオードブリッジを経由してこの
コンデンサ6800μx2に直接つながっています。電源投入時にどれだけの電流が流れることやら
・・・

DCS100_06.jpg
上の写真のように左下のコンデンサの穴が少し盛り上がっています。膨張して引っ張られていたせいでしょうか?それとも強引に引き抜いたからでしょうか。
そして、コンデンサを取り付け、無事に収まりました。
DCS100_07.jpg

そして電圧を計ったのですが、値は変わらなかったのです。
コンデンサは問題でないことが分かったので予防交換ということでおしまいにしたいのですが、
電圧が低いとポイントマシンが不転換という事象が出てしまうので電圧を調整することにしました。
KATOのチーフ(DCS100)のマニュアルにも保障外になる可能性があると記載がありながら調整の方法が記載してあります。
DCS100_08.jpg
スイッチとLoconetコネクタの間の奥にオレンジ色のトリマがあるのでこれで電圧の調整をします。
このトリマで調整してNで12.0v HOで14.5v O/Gで16.2v(ACレンジのテスタで測定)としました。
これで蓋をして完了です。
DCS100_09.jpg

集合レイアウトだと給電ポイントから離れた部分では電圧が落ちてしまいます。
なので最悪はScaleスイッチをHOの位置にして使おうかとも考えています。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

久しぶりにポイントスイッチ作ってみた [DCC]

V6SEのオーダを忘れるぐらい時間がたっています。中国の国慶節が10月1日からだけど
まだ何も連絡がないので何かしくじってないか心配です。

さて、久しぶりに手持ちの部品でポイントスイッチを作ってみました。
PSW01.jpg
この記事は名古屋電鉄のHPの28.Loconetを利用したポイントスイッチの作成の応用です。

PSW02.jpg
中身はこんな感じで、スイッチでLEDを切り替えており、t、c逆の場合を考えてジャンパーで変更できるようにしました。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Fujigaya2さんのF28まで押せるコントローラを作ってみた(その1) [DCC]

いつも面白いもの作っているFujigaya2さんですが、
F28まで押せるコントローラを作られて、その後どうなるか判らないのですが、興味があって、基板を譲っていただきました。
興味があるというか、LEDで数字出るし、ボタンF28まであるし、スライドボリューム と工作の好きな人にはそそられる構成なのです。
当方としてはMP3のテストでF28まで簡単にボタン一つで押せるので、今時点は、デコーダテスト用に使おうと思い部品を調達しました。
chaep01.jpg
マイコンはAruduino Pro Micro をAmazonで買いました。
ローピンのヘッダソケットを使用します。
chaep02.jpg

細かな作り方は、省略します。
組み立てるとこんな感じになります。
chaep03.jpg
レギュレータが足曲げても基板に張り付いて取り付けられないので、レギュレータは基板裏面に付けました(あとで後悔することに・・・・)
chaep04.jpg


スケッチを書き込んで電源投入ですが、ドライバICの関係で電源電圧が16vまでなので15vのジャンクから引っ張り出してきて、電源投入です。
chaep05.jpg

適当にパーツを買うので高さが合いません。改めて基板裏は3mmのスペーサにしようと思います。
chaep06.jpg

タクトスイッチを押してLEDを点灯させます。緑色を30個しか買わなかったので2個足らず、F0とF1は手持ちの白色です。
chaep07.jpg
色が綺麗ですね。

MP3V6SEにつなげてみました。
chaep08.jpg
ファンクションも指示がでているようですしモータも回転します。
ちょっと気になる部分はありますが、追々修正していくことにしようと思います。

少し機能が固まれば頒布してほしいですね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Nゲージ用エンクロージャを試す[その2] [鉄道模型]

MP3V6SEは生産中で、まだあと2週間ぐらいはかかりそうです。
その間に何かしようと思って、自宅のネット環境をいじりはじめました。
思った動機は単に遅いからなのですが、家のネットワークというより、IPV4のせいでプロバイダ側が遅くなっているのかなと思い、プロバイダにV6プラスの設定を申し込んだけど一向に完了連絡がなく、IPV6対応(パススルー)でルータを変更したり、いろいろやっても変わらない。
なんでだろうと思ったら実は回線の契約を変えていたこと忘れててうまく行かないことが判り1週間もかかってやっとIPV6が使えるようになりました。だいぶ快適な環境になりました。

さて、今回は前回に続き、やあさんからもう1つ送られてきました。エンクロージャの比較というよりスピーカの評価ということらしいですが・・・いつも通りにやってみようとおもいます。

まずはスピーカです。たDB Unlimited社のスピーカーSM150808-8 インピーダンスは8オームです。
SP082801.jpg

エンクロージャも3Dプリンタ製で、左から高さ6mm、5mm、3mmです。
SP082802.jpg

とりあえず、両面テープで貼り付けます。
SP082803.jpg

あとはリード線を付けてテスト準備完了です。
SP082804.jpg


FFTWAVEの設定ですが、以下のような設定にして、スピーカとI-Phoneの間は15Cm空けて測定です。
音源は、単一音より少し音域のあるサウンドにしました。
SP082805.jpg

毎度のことですが赤線のピークの値で比較してみてください。
1つめは6mmです。
SP082806.jpg
2つめは5mmです。
SP082807.jpg
3つめは3mmです。
SP082808.jpg
最後はNagoden頒布のスピーカで5mmです
SP082809.jpg

身妙な違いが判るとおもいますが、前回同様にエンクロージャの高さが低くなるほど低音が出にくくなりますが、これ以外に違うと感じるのは、意外と帯域が広い感じがします。
また、ちゃんとしたスピーカなので中華の安いものに比べ、ビビりや歪みがありません。
質は良いと判断しましたが、残念なことにグラフに表すとわかりにくくなってしまいます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Nゲージ用エンクロージャを試す [鉄道模型]

やあさんから3Dプリンタで作成したエンクロージャを提供いただいたので試してみました。
やり方はいつものようにFFTWaveを使って周波数とレベルを見てみます。
SPENC.jpg
スピーカは当方で頒布のスピーカ、もう1つはDesktopStationで頒布のPUIのAS01808AO-3-Rを使用ます。
エンクロージャと配線をして測定します。
SPENC00.jpg
①はAS01808AO-3-Rにプラバンで作ったエンクロージャ(約6mm)
②は頒布のスピーカに3mmのエンクロージャ
③は頒布のスピーカに2mmのエンクロージャ
④はAS01808AO-3-Rに1mmのエンクロージャ
です。

音は非常ブレーキの「プシュ---」というエアー音と「ドアが閉まります ピンポーーン」という車内音を流してみました。
下のグラフは赤色の線を見てください。
SPENC01.jpg
①はAS01808AO-3-Rにプラバンで作ったエンクロージャ(約6mm)は周波数も音量も出ています。

SPENC02.jpg
②は頒布のスピーカに3mmのエンクロージャは①にくらべ1KHzより少し下の周波数のレベルが小さいです。

SPENC03.jpg
③は頒布のスピーカに2mmのエンクロージャは2KHzより下の周波数のレベルが下がります。

SPENC04.jpg
④はAS01808AO-3-Rに1mmのエンクロージャはさらに2KHzより下の周波数のレベルが下がっています。

この実験での結論ですが、エンクロージャは、奥行きがあるほど低音部分が出る。
また、音量にも影響する。(良いスピーカでもエンクロージャ次第で大きく変わる)
音だけで言えば①でスピーカの大きさと音を総合的に見れば②かなと思います。
あとエンクロージャとスピーカが密着していることも大事です。

TRAINOさんのブログにもの記載(Nゲージ用スピーカーを比較する3(エンクロージャ編))があるので参考にしてください。

ここでの実験はあくまでも簡易的に行ったものです。 あくまでも傾向を見る参考情報として取り扱ってください。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

少し見直しMP3サウンドデコーダV6SE [MP3]

頒布できずのMP3サウンドデコーダV6SEですが、電子工作連合の方々にレビュー・御意見をいただき、HPの内容に比べ以下のように見直しを行い、生産を開始しました。
V6se.PNG
基板の色は青でなく白になります。

価格は4,300円ぐらいを予定しています。
メモリサイズは違うもののMP3サウンドデコーダV6N18で
同じ機能にする場合
 ・MP3サウンドデコーダV6N18 3600円
 ・Ec-Slim基板         680円
 ・MicroSD           800円
 ・室内灯LED          200円
              計 5280円 (概算)
ぐらいかかりますが、比較すると約1000円お得になります。
入荷は9月中旬ぐらいになりそうです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

MP3V6SEを名鉄7700系に実装 [MP3]

MP3サウンドデコーダV6SE(SlimEdition)が届きました。
SE05.jpg

頒布考えてましたが一部部品を間違えていたので頒布見送りです。
(お待ちいただいていた方がいらっしゃたら申し訳ありません)
工作連合の方にも協力いただき評価いただく予定です。
先行で詳細をHPにアップしましたのでどんな感じものかはこちらを参照ください。


さてこのMP3サウンドデコーダV6SE(以下V6SEと略)ですが、GMの名鉄7700系
に搭載してみようとおもいます。
車輌はこんな感じ
SE19.jpg

これも過去の遺産が乗っかっています。
これもNuckyさんのワンコインとMP3の初期時代の基板と車輌にてんこ盛りです。
SE20.jpg

これらを一旦取り外し、T車の床板がボロボロなので新品に交換して作業開始です。
SE21.jpg

実際に搭載したのが以下の写真
se22.jpg
上のT車が V6SE 
下のモータ車がSmiledecoderN18+Ec-Slim基板です。

最初はモータ車にV6SEを載せましたが、室内灯・ヘッドライト・サウンド・モータと
電力を使用することになりますので、床と天井の間に隙間が少ないので大きな容量のコンデンサーが
積めないため不安定になりやすく、MP3サウンドはT車に乗せる事として、
M車は先々LokSoundも載せられるのでモータ車は一旦SmiledecoderN18にしました。

SE23.jpg
V6SEのLEDとEc-SlimのLEDで物が違うため色に違いがでてしまいました。
蛍光灯がモータ車を昼光色してしまったという想定にしておきます。
SE16.jpg
写真上のEc-SlimではLEDは日亜科学のNSSW157Tを推奨していますが、
下のV6SEではMP-3014-1100-50-70 秋月電子(I-14394) を使用しています。

SE24.jpg
暫く、耐久と通電テストを行って、見直し部分を修正して本生産です。

実装してミュージックホーンを鳴らす動画は こちら です。
ミュージックホーンは名鉄ホームページにあるのものを利用です。
※MP4形式のファイルです

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

そろそろ届きそうMP3V6SE [MP3]

Nagoden頒布夏休みキャンペーンは明日31日までです。
このチャンスをお見逃しなく。 頒布ぺージはこちらから

MP3V6SEの初期ロットがそろそろ届きそうです。
荷物は、深圳のElecrowを火曜日夜に出て水曜の夜にはもうTOKYOSkyGateにいるみたいです。
いままでは関空だったのに最近は東京経由です。
いつもなら日本到着後すぐ佐川急便に切り替わるんだけどなぜか止まってます。

さて、出来上がりはこんな感じです。
TRAINO様のEc-Slim基板にサイズを合わせています。
MP3V6SES1.JPG
MicroSDはやめて16MBのFlashメモリにしました。(写真のものは8MB)
書き込みはUSBケーブルでPCにつないでUSBメモリみたいにしてファイルを書き込みます。
室内灯もついています。Tomarunコンデンサ用の抵抗とダイオードも内蔵し、ヘッドライト用に両極性回路も搭載しフルスペック並みにしてあります。

事例はKATOやTOMIXが多いですが、GMの車輌に合わせ裏面は部品無いフラットにして天井に
簡単に取り付けることを目指しています。

MP3V6SES2.JPG

試験して問題なければ、初期ロットは少量ですが頒布したいと思ってます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

名鉄100系の工作(その4) [鉄道模型]

すっかり忘れていました。
名鉄100系もう1年放置です。 1年前のブログがこれですが、途中製造事故で中間車が破損したので修復してなんとか、形を復元できそうなので、再開しました。
M100_11.jpg
こんな感じで復元しました。
最初にサフを吹いたときに車体に接着剤の一部が付いたりして綺麗な状態で無かったので、思い切って#600のペーパーで粗削りしています。
M100_10.jpg
細かなパーツ(妻面のホロ枠や雨どい)を付けて、晴れた日の休日にもう一度サフを吹こうと思います。 前回EL120の時にテカテカに磨いたら、マスキングテープ剥がすときにバリバリはがれたので下地のペーパはテカテカに仕上げずにしようと思います。
でも裾の曲げが不均一なので気に入らないけど仕方ないかと思ってます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

WAVファイルでのサウンド再生(その1) [DCC]

MP3サウンドデコーダV6SE(SlimEdition)の試作版が来週製造完了しそうです。

MP3v6se3d_A.PNG

動くようであれば、少しだけ頒布しようかなとおも思っています。
でもこれ意外とコストが高いです。(4層基板で9x100mmのサイズで室内灯LEDとメモリを積んでいるので)V6N18より少し製造費用部品費がUPしています。
メモリはW25Q128(128Mbit→16MB)も動作することを確認できたので8MBからサイズ変更しています
今回はMP3なのでMP3デコーダをYX5200-SSからYX6300-SSに変更しています。
MP3再生のコマンド仕様も変更になっています。

ここからが本題なのですが、MP3でなくWAVファイルをArduino で直接鳴らす実験をしました。
サンプルスケッチはこのサイトの記事を参考に、シールドのCSピンを変更したもので
再生しました。 
WAVTEST01.jpg
サンプリングレート16Kでモノラルにしましたが少し音程が下がります。WAVファイルにするとき音程変更できるソフトで3%ぐらい音程を上げて保存すると丁度よくなります。
ただ、デコーダにするには、マルチタスクで動かないとデコーダの処理ができなくなるので
考えないといけないかな。 
SDカードでなくメモリにストアしたいけど、どうやってメモリに音源を登録するかとか、IMA ADPCMにするとどうやって開始のポインタを持つかなど、課題があります。
・メモリ自身の扱い
・WAVの再生
・メモリのFATドライブによるアクセス
・IMA ADPCM
・マルチタスク制御
・PCからのメモリアクセス(書き込み方法)
こいつらどうしようかなって、WAVにしたHKTの曲を聴きながらもやもやしてます。
LocSoundすごいですね。ここまで追いかける気もないですがハードル高いです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -